Q: 鍼は痛いのでは?

実際のところ、きちんとトレーニングを積み、なおかつ患者さんに痛みを与えないようにしようと配慮している施術者の治療なら、痛みはほとんどありません。(悲しいことに、痛い鍼を自分に打たれるのは嫌だけど患者さんにするのは構わない、と考えている鍼灸師が多数存在するのも事実です。)運悪くたまたま毛穴に入ったときはどうやっても痛いので、その時は直ぐに教えていただければ直ちに鍼を抜きます。ちなみに私はと言うと、学生時代は自分の足や体に毎日鍼を打ち(青あざになることもありましたね…)、まず自分に対して痛くない鍼を打てるようになるまで練習しました。自分に打って痛い鍼をどうして患者さんに打てましょうか?

Q: 鍼にはどのようなものがありますか?

私が使う鍼は一回限りで使い捨てるディスポーザブルの鍼です。材質はステンレスで工場(日本)にてエチレンオキサイドガスによる滅菌処理をされたものです。主に使う鍼の太さは0.16ミリです。皮膚が敏感な方などには更に細い直径の鍼を使います。それでも刺されるのが怖い!とおっしゃる方には、刺さない鍉鍼(ていしん)と呼ばれる道具を使います。

Q: 週に何回ぐらい治療を受けたらいいの?

その患者さんの症状によります。病が重ければ最初に治療回数を多めにした方がより効果が見込めます。たいていの場合、一週間に一度の治療から始めて、調子が良くなってきたらだんだんその間隔を広げていけばよろしいかと思います。

Q: 保険が使えないの?

日本の保険治療上、認められる鍼灸治療対象がわずか6疾患のみです。

1.神経痛…例えば坐骨神経痛など

2.リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの

3.腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など

4.五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの

5.頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの

6.頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など

これでは到底患者さんのニーズに応えられません。ですので保険治療は行わず実費治療のみで施術しております。実費治療にすることで、その値段に見合った治療をしているか?という責任感が施術者にも出ます。

また、医師の同意書も必要になります。近年、医師の方が「(自分の)患者をとられる」として、同意しないケースを多々聞いています。(患者さんのことを考えれば、とる・とられるという考え方自体がおかしいのですけど。西洋医学で回復がイマイチだったり見込めないのであれば、東洋医学を使ってみるのもありだと思うのですが。)

 

愛知県の鍼灸治療費の相場は5000円以上です。(ただし、全身ではなく局所のみのようで、です。)当院では全身をしっかり診ますし、他の治療院では多く見受けられる鍼の使用本数制限もありません。(私自身はこの本数制限の意味が解りません。患者さんを癒すよりも経費の方が大切という現れではないでしょうか。)上記の理由により当院の治療費は高くなく、むしろ安いぐらいだと思います。

 

近年、保険治療の悪用が目に余ります。当然、保険会社も税務署も目を光らせていますが、それでも保険の悪用が後を絶ちません。鍼灸保険でも、上記の6疾患の解釈を勝手に拡大解釈して保険請求をしているところもあるでしょう。さらに、悪用された患者さんにも今後保険治療が受けられなくなるかもしれない、という被害を与える可能性があるのです。

 

食品もそうですが、その価値があるものには適正な値段というものがあります。保険でやってくれる安いところがよければ、そちらに行かれてください。保険治療で安いけど効果が見られないし長引いている、という話をちょくちょく耳にします。実費で払ってでも早く確実に治る方を選ぶのか、とにかく値段だけで選ぶのか、それは患者さんの選択ですし、その選択結果も患者さんご自身に返ってきます。

Q: なぜ触らないのに悪いところが分かるの?

セラピューティックタッチおよび治療方針の所にも書いてありますが、セラピューティックタッチによるものです。この能力は私個人だけのものではなく、誰でも持っているものです。ただ、それを引き出すトレーニングを積んだかどうかの違いです。(トレーニングをしなくても分かる人もいます。特に子供はトレーニングの必要はありません。多分、ほとんどの子供は分かると思います。)

Q: 鍼を打った後に穴が空いているんじゃ?

治療に使う鍼は注射針とは太さが違います。また形状も違います。注射針は皮膚を切るようにできていますが、鍼灸鍼は皮膚を切るのではなく押しのけるように入ります。ですので穴が空きっぱなしになることはありませんし、治療後のお風呂も安心して入っていただいて構いません。

 

献血や点滴を多くされた方ならばおわかりになると思いますが、注射針はその数が多いと皮膚に刺した跡を痕跡として残します。ですが、鍼灸で使う鍼ではそのようなことは決して起こりえません。これも鍼灸鍼が皮膚組織にダメージを与えない形状であり、また注射針より格段に細いためでもあります。

Q: 灸はヤケドの跡が残るの?

昔とは違って、今は美容の観点からヤケドの跡を残さないように大変気をつかっています。私の施術では、ヤケド防止のため漢方薬の紫雲膏(写真集のページ、赤紫色のクリームがそうです)を塗って、その上に灸をするようにしています。差し込むような熱さ(と言うより痛さ)が来たときが灸の終わりの合図です。

 

特に最近の女性はファッション最優先で体を冷やしすぎている人が多いです。冷え性には灸がよく効きます。治療を続けていくうちに冷え性が知らぬ間に治っている、と患者さんからしばしばお聞きします。

 

灸は冷え性のみならず、腱鞘炎にもとても効力を発揮します。これは私自身が身をもって体験しておりますから自信を持ってお勧めできます。

Q: なぜ灸をするの?鍼だけじゃダメなの?

その人の症状に会わせて施術するのが東洋医学です。誰でも彼でも鍼だけしていればいいと言うものではありません。体の芯が冷えているのに鍼をすれば、よりいっそう体を冷やします。逆に、損傷箇所が熱を持っているのに灸をすれば、よりいっそうの熱を与えることにより、その箇所の治療速度をいたずらに遅らせ、患者さんの痛みを長引かせます。

 

どこに灸をすべきか、またどこに鍼をすべきかを患者さんの症状にあわせて適宜選択・施術できるのが真の鍼灸師です。(それが分からず漫然と鍼を打っていたり灸をしたりしている鍼灸師、マッサージに逃げている鍼灸師が多いです。)

Q: 鍼灸治療は初回から効果が出るの?

患者さんの症状の状態によります。

 

その状態になるまでに何ヶ月、何年もかけて悪くなったものが、たった1回の治療で良くなると思われますか?切れ味の良い西洋薬(その分副作用も強いです)とは効果の出かたが違いますし、鍼灸治療は魔法ではありません。体に悪い影響を極力出さずに、ゆっくり体が本来持っている自己治癒力を引き出し、患者さんが自ら自分の体を治すお手伝いをしているだけです。ですので、それ相応のお時間がかかると思って下さい。

 

基本的に、悪くなるのに要した年数分、回復にも時間がかかると思われた方がよろしいでしょう。ただ、鍼灸治療はその回復速度を早めることの手助けはできると思います。

Q: 肩こり、腰痛などの整形外科疾患にしか効かない?

鍼灸治療は全身を診る治療です。ですので運動器疾患のみならず内臓疾患も当然治療対象です。多くの人は鍼と聞くと肩こりなどしか思いつかないでしょうが、私はどちらかというと内蔵疾患の方を多く診ています。

 

鍼灸治療は運動器疾患のみならず、内臓疾患にも十分対応可能です。ただし、運動器疾患であろうが内蔵機疾患であろうが、効果が出るまでは個人差が非常に顕著です。

トップに戻る